◆どの生徒さんもみなさん素晴らしい素質をもっておられます。

レッスンではそうした生徒さんのいいところをたくさん発見し、励まして

伸ばしていっております。 できない、で終わるのではなく、

できそうなところをあえてピックアップし、

片手でゆっくり、あるいはリズム変奏練習で何度も弾くことでさっき出来なかったところが

弾けるようになる。こうした成功体験を積んでいただき、自信をつけてもらっています。

 

◆家庭練習こそ上達の秘訣です。

生徒さんには、レッスンで出来る様になった事を忘れる前に、レッスンから帰ったら

すぐにおうちで3回練習、そしてごはんを食べた日は必ず練習したら力がついて

難しく感じていた事が簡単に楽になるよ。

そして上手になって、次のレッスンでも先生に褒めてもらおうね。

と励ましております。 保護者の方にもメールをするなど家庭練習のアドバイスをしております。

 

◆お母さんへ声かけ

日本ではお子様のことを謙遜する美徳がありますが、お子様はそれを全部聞いています。

周りと、なによりお母さんに褒められることで子供は伸びます。

他からお子さんが褒められたときもぜひ、恥ずかしがらず”ありがとうございます。

良い子で助かってます。”とお答えくださいと申し上げています。

毎日 子育てを頑張っていらっしゃるお母さまは、素晴らしいです。

「こんな良い子を育てて私って素敵!」とご自分の事を褒めながら

お家でピアノを練習したくなる環境作り(例えばピアノの蓋を開けたら飴玉が入っている。

とか、ピアノを練習した後はお母さんと楽しく折り紙ができる等) の ご協力を頂けたら、

子供は楽に上手になっていきます。

 

お子さま向けのピアノのレッスンでは、

お子さま一人一人のペースに合わせてレッスンさせて頂く普通科と、

鈴木慎一博士のスズキ・メソッド 才能教育ピアノ科

 の 2つのコースをご用意しています。